スポンサードリンク


2008年5月23日金曜日

送風機の種類

送風機は、吐出し圧力9.8kPaを境にして、ファンとブロワに分類されます。
空調用の送風機は全て圧力9.8kPa未満のファンに属し、約1500Pa以下のものが多く使用されています。

羽根車を通る空気の流れ方向により、遠心型・軸流型・斜流型および横流型に大別されます。

遠心型-羽根車の中を軸方向から入り、径方向に空気が通り抜けます。
軸流型-軸方向から入り軸方向へ空気が通り抜けます。
斜流型-は軸方向から入り軸に対し傾斜して空気が通り抜けます。
横流型-羽根車の外周の一部から入り、反対側の外周の一部へ通り抜けます。

ではもう少し詳しく説明します。

【遠心型送風機】
シロッコファン(多翼ファン)

小型で大風量を扱うことができるので、建築設備用として多く使用されています。
羽根車外形に比べて大きな吸込み口を有し、羽根車は半径方向に短く軸方向に長い多数の前向きの羽根をもっており、羽根角度など流体的な注意を充分払い、動的なアンバランスがないように設計・製作されます。

構造・特性上、高速回転には不向きなので、静圧1000Pa以下の仕様に適しています。
一般空調用では、静圧600~800Pa程度のものがよく使用されています。
送風機の特性としては、風量が大ききなってくると、軸動力も増加してくるので、オーバーロードに注意して選定することが必要です。

ターボファン
羽根車強度も強く、圧力曲線がたっているので、性能も安定しており、広い用途に使用されています。

羽根車は回転方向に対し後方に湾曲した後ろ向き羽根をもっています。
風量の多い場合は両吸込み型を採用することもでき、ボイラ誘引や集塵装置の排気ファンのようにガス中に少量のダストを含む場合にも使用可能です。
充分な剛性を持ったケーシングと動的アンバランスを除去し、高速回転できる羽根車により効率がよく流体力学的にも優れています。
特性としては、最高効率点よりも風量の大きい点で飽和状態となるリミットロード特性を有しています。

また、ターボファンよりも圧力の高い用途に使用される高圧ターボファンは、静圧8~10kPaまでの各種送排風機、工業用途に使用されます。

プレートファン(ラジアルファン)
半径方向に向いた直線放射線状の羽根をもつ送風機で、羽根車の形状が非常に簡単で強固に製作することができますので、塵埃を含むガス、微粉炭、その他の固形物の空気輸送に使用されることが多い。

また、プレートファンよりも圧力の高い用途に使用される高圧プレートファンは、静圧8~10kPaまでの各種送排風機、工業用途に使用されます。

【斜流送風機】

羽根車の形状は遠心型と軸流型の中間にあり、羽根車は鋼板もしくはアルミ鋳物製が多く使用されています。
風量・静圧も小型のわりには取り扱う風量が大きく比較的静圧も高く、効率・騒音面も優れ、リミットロード特性ももっています。



【軸流送風機】


羽根車の前あるいは後ろに静翼を取り付けたタイプで、羽根車は鋼板またはシルミンなどの特殊軽合金で製作されることが多く、静翼・ケーシングは鋼板によってつくられます。
騒音が大きいことが難点ですが、流体力学的には優れた設計がなされており、低圧大風量のものとして使用されています。